続きです。

大手虎口から入って突き当たり奥の土塁(石垣)南側の虎口。上から虎口方向を見ている。
写真左側の石垣は、南曲輪の石垣です。
CIMG0298

案内板。
CIMG0301

南曲輪から大手虎口正面の土塁(石垣)を見る。
CIMG0304

南曲輪の土塁。
CIMG0305

南曲輪から東京方面を眺める。
CIMG0306

実城は新田神社になってて、お城というよりは神社でした。
神社の裏手に行くと遺構があるようでしたが、やぶ蚊が多かったのでいってません。
ちなみに、実城(みじょう)というのは、本丸のことです。中世の言い方ですね。

二の丸は神主さんの自宅、三の丸は神社の社務所で、私有地立ち入り禁止になってました。

狛犬。
CIMG0317

かまえ型w
CIMG0316

CIMG0299

CIMG0300

こんなかんじ。

ぱっと見た感じ、こんなに石垣が積んであっておかしいだろ。空想復元なんじゃね?と思いましたが、どうやらちゃんと発掘調査をして復元しているようで、実際に石垣が積んであったようですね。

由良さんなかなかやるな~。

時間がなくて駆け足見学だったので、そのうち唐沢山城とあわせて、もう一回行って見たいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Optionally add an image (JPEG only)