合戦についてですが、戦闘には、

  • 戦功をとること、
  • 攻撃ポイントを稼ぐこと、
  • 防御ポイントを稼ぐこと、

という、三つの側面があって、合戦スタイルというのは、要するに以上の三つの要素のバランスによって決まります。

☆戦功
戦功を取るというのは、拠点を落とすということですね。
拠点というのは、陣、出城、所領(村・砦)、本領(城)です。
戦功を取るという目的からすると、空の拠点を落とすのが一番効率的です。
というわけで、戦功を取りにいく場合に、いちばん重要なのは、とにかくたくさん陣を構えることですw
そして、ノックをして、とにかく空の拠点を落とすのです。
空の拠点でしたら、誰でも落とせますので、カードがそろってない人が一番活躍できるのは戦功ねらいでしょう。

今期の徳川は特に弱いので、僻地まで陣張りしに行く人がいないので、陣さえつくったら、けっこう村を焼き放題っぽいんですが、とはいえこの方法は張り付き時間が長く取れないとできないので、うまいこと休日に攻撃で他に予定もないとかいうときは、がんばって陣を作ってもいいかもしれません。だいたい50個くらい陣があれば、それなりに戦功が稼げると思います。
わたしも、がんばって村焼きに行くのは、1クールで2~3回しかありませんので、あまりえらそうなことはいえませんが。

参考 村を焼く場合の必要兵力

村Lv 耐久 槍系 大砲
10 19000 9500 1900 2715 950
12 23000 11500 2300 3286 1150
13 25000 12500 2500 3572 1250
15 30000 15000 3000 4286 1500

さて、戦功を稼ぐのに向いている武将ですが、空き巣をするのであれば、どんな武将でもかまいません。
破壊力は兵数に比例しますので、コスパがいい武将の方がいいですが。あとは、速度がある武将がいると楽ですね。特に兵器はとても足が遅いので、兵器加速部隊がいると空き巣で稼ぐのがたいへん楽になります。

  • 陣張り部隊
  • 破壊部隊


☆攻撃

次に攻撃ポイントですが、攻撃Pを一番稼ぎやすいのは合流です。
ただ、合流は他の人とINする時間があわないといけませんので、なかなかチャンスがありませんね。とはいえ、そろそろ終盤なので、1合戦に1~2回は合流したいところですww
合流はさておき、攻撃Pを稼ぐためには、高い攻撃力を出さないといけません。そういうわけで、攻撃には、コストが高く指揮兵数(絶対数)が多い武将が向いています。もう2期目の終盤ですから、そろそろコス3の極で攻撃1軍を作りたいところですね。小物さんはちょっとまだ1期目なので難しいかもしれませんが、他の方はもうすでに攻撃極を何枚かもってるようです。わたしもようやくこないだ1枚手に入れましたw

攻撃Pを稼ぐためには、相手に防御してもらわないといけません。ただ、あまり強い防御のところにいっても攻撃Pは稼げないので、ちょうどいいくらいに弱い場所を探さないといけないわけです。
被害兵数のこと♪←こちらのページに書いておきましたが、相手の2倍の戦力で攻撃すれば、自分の被害は20%で、相手には70%の被害を与えられます。3倍だったら13%と80%です。つまり、相手より強い部隊で攻撃すれば、それだけ効率が良いというわけですね。(だから合流のが稼ぎやすい。)
もっとも、強いとか弱いとかいっても相対的なものなので、要するに自分の攻撃部隊が強くなれば、相対的に弱い相手が増えるので、攻撃できる場所がふえます。まったくもって当たり前の話ですが、強い部隊を持っているほうが攻撃しやすいので、攻撃Pが稼ぎやすいですw防御の場合は、わりといろいろやりようがあるのですが、攻撃の場合は、とにかく強い部隊を作るということに尽きます。

で、攻撃部隊についてですが、攻撃1軍で、まず必要なのは馬か騎鉄部隊です。騎鉄の方が強いですが、騎鉄は生産コストが高いので、まず赤部隊を作ったほうが活躍の場が多いかもしれません。わたしは結局、今期は騎鉄量産はできそうもないです。てゆうか、今まで4匹しか生産してませんww
まぁ、騎鉄部隊もまだできてないからいいんですけどね。
また、スキルのつけやすさからいっても、馬のほうが簡単にできるでしょう。というわけで、まずは赤の1軍を作るのがおすすめですね。

  • 赤1軍
  • 騎鉄1軍
  • 赤2軍・弓攻・槍攻
  • 剣豪

☆防御
最後に、防御ポイントについてですが、防御ポイントは、IXAの仕様上、攻撃ポイントよりはソロでも稼ぎやすいです。とはいえ、もちろん限度はあって、10合流にひとりで立ち向かっても、ポイントはほとんど稼げません。
防御には、1.城の防御、2.村の防御、3.陣の防御、4.加勢での防御の4つがあります。わたしは防御はけっこう得意なので、ちょっと詳しく書きます。

  1. 城の防御
  2. 本城や出城の防御の特徴は、戦力にボーナスが付くということです。本城では20%、出城では30%のボーナスが付きます。さらに、本城は耐久がとても高いですから、ちょっとした合流では、落とすのにけっこうな時間がかかります。
    また、城は陥落戦功が比較的高いので、守るほうにとっては戦力を集中させやすいです。一般にあまりアクティブでない人は、城だけを守ります。
    というわけで、ある程度内政が進んだ状況では、ちゃんと内政をしている城主の本城をソロで落とすというのはかなり難しいです。ですから、城に対しては、合流攻撃をするのが普通です。
    防御側が30コストで篭城した場合、3~4合流で戦力的に拮抗しますから、3~4合流に対してでしたら、ソロで守ってもまぁまぁ防御ポイントが稼げます。ところが、5合流になると、30コストで対抗するのはけっこうたいへんで、6~7合流ですと相手戦力が2倍以上ということになる場合が多く、そうすると防御ポイント的にはぜんぜんおいしくありません。
    ですから、相手が3~4合流で来そうなら守るし、それ以上で来そうなら守らないか、加勢を呼ぶというのがいいでしょう。
    最初は弱いふり&いないふりをして、相手がソロまたは少数合流で来るように仕向けるといちばんいいですね。出城ではできませんが、本城は耐久が高いですから、最初は2軍で守ってて、3合流くらいに攻めさせておいて、防御部隊をわざと落とさせて、うまいこと兵器込みの3連を嵌めたりすると、たいへんおいしいですし、気分がよいものです♪

  3. 村の防御
  4. 村は、一般に、INしてないときは守りません。INしてないときは、城を守るものだからです。
    また、村の耐久は低いですから、攻城櫓だったら4300でどんな村でも一撃です。
    というわけで、村防御の難しいところは、最初の一撃を守るかどうかという点だけですね。
    もっとも、こちらがよく攻撃してるときで、アクティブなのがばればれな時は、向こうもその気なわけですから、1発目から守ったらいいです。
    難しいのは、INはしてるけど攻撃はしてなかったときとかで、そういう場合に最初から守ってると、ノックに引っかかることが多くなりますから、気をつけないといけません。とはいえ、耐久2万とかの村なら、通常部隊で一撃ということはあまりないので、1発目はスルーするのもありかもしれません。

  5. 陣の防御
  6. 陣については、基本的に気づいたら守ればいいです。陣にノックしてくる人はほとんどいませんから。ただ、たいていの場合、小さい陣に対しては、槍250とか馬500でしか来ないので、防御Pが稼ぎたい場合は、陣を強化しておいたほうがいいでしょう。強化は1回で十分です。
    耐久3000の陣と6000の陣は、見た目にはわかりませんので、たいていの場合3000であるとはわかっていながら、意外と兵満載でやってくるものです。というわけで、強化陣をたくさん作って、いちいち全力で守ってると、けっこう簡単に防御Pが稼げます。
    先週の合戦では、わたしは防御P45万も稼げたのですが、ほとんど陣防御でした。陣で41万、出城で4万です。出城のほうは、相手に攻撃P50000献上して、防御Pは38000しか稼げませんでした。
    あと、攻撃の際に、敵城にベタ付け陣をつくって、それをちょっと大きくしておくと、特に僻地の城主さんなんかだと、他に攻めるところがないので、何度も攻めてきてくれたりして、おいしいです。

  7. 加勢での防御
  8. 加勢での防御は、入れっぱなしの加勢と、攻撃されてるのを見てから入れる加勢の二つがあります。入れっぱなしの加勢は、ほとんどINできないとか、自分の城をひとりで守ってもたぶんそんなに防御Pが稼げなさそうとか、兵があんまりいないとか、そういうときに、誰かの城に加勢して、ほったらかしにするやつです。対して、攻撃されてるのを見てから入れる加勢は、同盟員の城が攻められてるときに、加勢陣から加勢するものです。
    加勢陣からの加勢は、成功すると楽しいんですが、向こうが3合流くらいでこっちがひとりとかだと、結局負けちゃいますね。あと、うちのようなチビ同盟ですと、あまり加勢の機会を捉えることができないですね。

まとめると、そろそろ終盤に近いので、ソロで自分の城を守るだけでは、あまり稼げなくなっているようです。というわけで、アクティブにできる方は、強化陣をたくさん作って陣防御、あまりInできない方は、どこかのお城に加勢に行くとかした方が、防御Pは稼ぎやすいでしょう。
先週の毛利攻めでは、出城をソロで守るのはかなり無理がありました。せめて2人で1つの出城を守るというくらいにした方がよかったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)