今日はちょっとかっぱのことを書きます。前の記事のコメントで、かっぱについて憶測がなされていたので、ちょっと教えてあげようかということです。「現実」とかの話のつづきは、たぶん明日書きます。

かっぱは、おかっぱではありません。てゆうか、髪がくしゅくしゅなので、おかっぱにならないのです。

それから、てっぺんが薄いわけでもありません。くまぶしよりは薄いですが、それはくまぶしの毛が多すぎるからです。実際のところ、かっぱの髪は細くてやらかいので、くまぶしはちょっとうらやましいです。くまぶしは、けもけも獣(剛)なので、朝起きたときに、カウボーイビバップのスパイクか、攻殻機動隊の荒巻さん(SACバージョン。ただし髪ふさふさ)みたいな頭になります。

かっぱの髪はやらかくてくしゅくしゅなので、ちょっと長いほうが、毛長犬みたいでかわいいです。それで、わりと髪を切らないでほったらかしてるのですが、不思議なことに、ある日をさかいに、突然カリヤザキさんになってしまいます。つまり、ある一定の長さを越えると、くまぶしには、もうカリヤザキさんにしか見えなくなってしまうらしいのです。だから、そういうときは、くまぶしが髪を切ってやります。

ちなみに、かっぱは先週からカリヤザキさんになってます。切ってやりたいのですが、最近忙しいので、なかなか切れません。

それから、キュウリは、かっぱの好物というよりは、くまぶしの好物です。味噌つけて食います。かっぱも、別に嫌いじゃないみたいですが。

肌が緑色というのは、見方によったらそう見える時もあるかもしれません。でも、かえるみたいにぬるぬるしているわけではありません。おほ。

ロバ先生が、本質的にロバであるように、かっぱもやっぱり、本質的にかっぱなのだと思います。でも、本人はいるかと思っているので、本当のところはいるかっぱなのかもしれません。くま。

080615_1739~002けれど、いるかっぱのイルというのは、アラビア語の冠詞だという説もあります。それだとThe Kappaということで、結局ただのかっぱということになりますね。くま。

おまけ。夕方、草に水をやっていたら、かえるちゃんがいました。

水をかけたら背中をむけました。
jun. 15, 2008
永遠回帰のくまぶし2008目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください