こんにちは。今日はお休みだったので、ちょっとデータをとったりしてみました。

名前 戦功 攻撃 防御 人口 総合
縫殿 267,170 504,506 2,982,966 8,494 4,009,462
ムナ 181,915 1,324,519 1,656,390 9,779

3,456,194
ダメ男 44,408 190,139 1,082,205 8,959 1,585,522
リン 15,643 158,021 764,922 6,964 1,147,506
good 20,320 24,626 1,214,709 9,292 1,538,415
小物 7,537 6,243 426,031 7,934 677,831
竹生 3,819 809 61,266 6,665 265,844

今期の今までの成績です。

で、以上の成績をグラフにしてみて、それぞれのプレイスタイルを一目でわかるようにしようというのが今回のテーマです♪

まだ何戦かありますけど、これから劇的に変化するということはないでしょうから、今期の傾向を把握するには充分でしょう。

まず、わたし。

縫殿3334
縫殿3334

左のグラフは、総合Pをどれくらいづつとっているかを示しています。最大値は300万で固定です。
真ん中のグラフは、総合ポイントの内訳をパーセンテージで示しています。
右のグラフは、国別順位ですが、中心が200位、真ん中の目盛りが100位、一番外が1位です。

ぱっと見てわかるように、わたしは防御偏重型ですね。総合Pの74.4%が防御Pです。盟主だったからというわけではなくて、メイン鯖でもそうなので、それ自体は別に驚くことではないんですが、こちらではけっこう防御以外でがんばってたつもりなので、その点ではけっこう意外でしたw
グラフが下にかなりとんがってますね。あと、順位グラフでは、人口と攻撃と一戦撃破が弱いですね。特に人口のところはへこんでいます。
人口が少ないというのもわたしの特徴で、つまりいつも兵が少ないんですね。それで、一戦撃破が弱いことからわかるように、あまり攻撃力が高くないので、攻撃をすると兵の消耗がはげしいので、何度も攻撃できないという悪循環ですね。
ただ、これでもだいぶましにはなっているようです。参考までに、メイン鯖の3期目のグラフ。

玉吉21+22 3期目
玉吉21+22 3期目

一番左のグラフが最大400万になっているだけで、他は全部同じです。
このときは、盟主をしてたというのもありますが、攻撃と一戦撃破と人口が全然ありませんねw
一戦防衛が3位で、防御が10位だったので、そこだけ刺さりそうなくらいとんがってます♪

次に、ムナさん。

ムナ3334
ムナ3334

一見して、ムナさんのほうがバランスがいいですね。一戦防衛がちょっと弱いですが、これはコスト30だったらしょうがないところです。30コストでも35000超えは難しくないので、もうちょい伸ばすのはできると思います。ただ、一戦防衛を更新するのは赤合流の時じゃないと難しいので、今季はちょっとチャンスがあるかどうか微妙ですね。
また、参考までに、ムナさんの34鯖での1期目です。
ムナ34鯖1期目
ムナ34鯖1期目

劇的に伸びたのは一戦撃破で、これは天信長効果でしょうか?
もともとバランスがいいタイプのようですが、順位レーダーでは全般に円が大きくなって、成長の後がうかがわれますね♪

次はgoodさん。

good 3334
good 3334

goodさんは、こちらがサブ鯖ということもあり(わたしもですがw)、最近まで全然攻撃してなかったですね。というわけで、左のグラフはわたしよりも細いです。サブ鯖で兵を詰めて置いておくとだいたいこういう形になります。いわゆる亀型ですね。
一戦撃破と攻撃の順位がへこんでいるので、もうちょっと攻撃しましょう♪

次はダメ男くん。

ダメ男3334
ダメ男3334

ダメ男くんも防御型ですが、亀ではないですね。実は33鯖の一期目での形も調べてみたんですが、ダメ男君は今とほとんど同じ形でした。わりと1期目からスタイルを確立していたんでしょうか。
ダメ男33鯖1期目
ダメ男33鯖1期目

ちょっと攻撃の手数が今期の方がおちている様で。それ以外はほぼ同じですね。

りんちゃん。

りん 3334
りん 3334

りんちゃんは、人口のところがへこんでて、国力がないですね。
今期はいろいろ大変だったようなので、しょうがないですが、国力がないと兵が少ないので、ポイントを稼ぐのは難しいです。戦功稼ぎは、張り付きと陣張りでがんばれば、兵がいなくてもできますが、攻防Pはどうしても兵を消耗しないと稼げないですから。

小物さん。

小物 3334
小物 3334

小物さんは最近防御で頑張ってますね。あと、思ってたより内政ができてて、鉄砲量産したりして、意外とやるもんだと思いましたw

最後は竹さん

竹さん
竹さん

竹さんは、人口ポイントがいちばん高いので、純粋農民ですね。防御Pがもう少し高くなったら武装農民ですw

というわけで、皆さんの総合Pの内訳は以上です。
最後に、同盟全体での総合Pの内訳です。

同盟総合P
同盟総合P

というわけで、ちょっと早いですが、2期目のまとめでした。

8 comments on “2期目のまとめ”

  1. 今期の自分的反省は、村がまだ小さいうちに陥落させてから本城落とすんだったってことですねぇ。
    リア事情あってINできなかったり、
    強い武将いなくてやられまくったりで、本城復活させられなかった(◞‸◟)
    攻撃国のときに限って外泊予定とかはいっちゃったしタイミングがねぇ。。。
    と、色々言い訳を……
    実は結構兵は貯めたんですよ、合戦参加してないのに(笑)
    最後の方につぎ込んじゃうかな、騎馬鉄とか赤備えとか、
    せっかく作ったのにもったいないですもんね……
    INできれば、ですけど><w
    来期は、基本農民ですけど、もうちょっと加勢とかできるようにはがんばりたいです^^;

    • 竹さんども♪
      しょせんゲームですから、気楽にやりましょうw

      で、あんまりINしないでも楽しめるようにするには、得意技を作るというのがいいと思いますよ。

      ランクアップ防御部隊とか、剣豪をとことん鍛えるとか、高速櫓部隊とかでもいいかな、とにかくなんでもいいですけど、なにかひとつにしぼって育てて、その子達をいかに活躍させるかということを考えていけばいいと思います。

      あまりINできない人が、総合的に他の人に渡り合うのは難しいので、できることだけやるという風にして、他は捨てるというのがいいと思います♪

  2. 前期も同じぐらいだったんですね~
    わけ分からずはじめたIXAなので、スキル追加などやってなかったからですかね。
    ほぼ、初期スキルだけで合戦してましたです(^^♪
    なので、今期は基本的には、スキル追加をやったから全体的に伸びたのかな~
    来期は追加したスキルを強化するのでもうちょっとはいけるかな?

    ま~、ぼちぼちやりますね~(^^♪

    • この鯖はまだ2期目なので、みなさんまだ強くなるでしょうね。
      仕様も代わったことですし。
      ランクアップがんばろう♪

  3. どうもです!
    漠然とした印象で、縫さんとムナさんは、
    似ているプレイスタイルに、思っていたのですが、
    こうして見ると、ムナさんの方が、
    攻撃はしてたんですね!?

    確かに縫さんは、
    攻撃でも積極的なイメージだったので、
    ちょっと意外です。

    私の防御は、本当にマグレです。
    15回も間を開けながら、ソロで来るとか、
    こっちがやろうと思って、出来る事じゃないですから☆
    あれが1回の合流だったら、これまで通り一撃轟沈です(笑)

    そう考えたら、やっぱり私は、
    基本農民なんでしょうけど…(^^;;

    • 小物さんいらっしゃい♪
      わたしは手数は多いですが、基本空き巣ですから、攻撃Pはたまりません。

      弱い人は、合流した方がポイント稼ぎにはいいんですが、ムナさんの騎鉄と2合流とかすると、避雷針効果でわたし7000でムナさん3000とかの被害になっちゃいますw
      まぁ、ソロ凸するよりはましなんでしょうが。

      というわけで、小物さんとかと合流したいなぁと思いますww

      あと、こないだの攻撃してきた人みたいな方は、いい人ですので、感謝の気持ちを忘れないようにしましょうww

      わたしもそうですが、防御Pメインの人は、攻撃されないと話になりませんので、「この人ちょっと弱そうだな」と思わせる演出が大事ですね♪

  4. wwwうわぁー、縫殿さん、すごいの見せていただいて、感激です✿
    いつも楽しませていただいている「戦国ixa」が、もっともっと楽しくなっちゃいます♪
    作るの大変だったでしょ…ありがとうございます✿

    • 別に感激するほどのことじゃないでしょw
      でも、ドラゴンボールのスカウターみたいで面白いですね♪
      そのうち、もっと強い人とかも調べてみようかしら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください