Category: くまぶしの思想

おおかみこども見た④

前回(おおかみこどもを見た③)の最後で、雪山の場面を見たわけですが、あのシーンは、花と雪と雨が、はじめて一体になったっていうか、おおかみおとこの呪縛から脱して、ようやく3人でのコミュニケーション(ポジティブフィードバック)がおこなわれた場面だったと思うんですよ。

雪の中を一緒に走り回ることで、花はようやく、「おおかみおとこ」を介してではなく、「おおかみこども」としての雪と雨に、直接関わったんだと思います。 (more…)

花はまだ19だから

ちょっと本筋からはずれますが、花が19歳だったってことについて書きます。本筋からはずれるので、シリーズとは違う題にしときます。

19歳の女の子に子どもを産ませるってのは、たぶん萌えポイントなんだろうけど、わたしからするとキモチワルイポイントですね。かんべんしてよって思います。
別に、若い子が子ども生むこと自体については、ちゃんとサポートされるならですけど、ぜんぜんいいと思うんですよ。いっそ高校生だって、体制が整ってて、別の大人が責任持ってサポートする(てゆうか、むしろ別の大人が育てるぐらいの勢いでコミットしなきゃいけないでしょうが)なら、産んだっていいと思います。

そういうことじゃなくて、大人の男が、「若い娘に子どもを産ませたいな」っておもう、そういう腐った下心が、気持ち悪くってしょうがないというお話です。 (more…)

おおかみこども見た③

こんにちは。昨日今日と、ちょっと興奮してしまって、攻撃的になりすぎました。あんまり興奮してるのは、不愉快に思われる方もおられるでしょうから、少しトーンダウンするように心がけたいと思います。

実際のところ、細田監督がどういう妄想を持っててもかまわないと思うし、そういう妄想世界のアニメを作ったってぜんぜんかまわないと思うんですよ。ただ、「ファミリーで楽しめる」みたいな売り方をしたのがよくないんですよね。 (more…)

おおかみこども見た②

続きです。昨日はおおかみおとこと花の話について書きました。で、花の立場になっておおかみおとこをプロファイリングして、「童貞、マザコン、乙女、自分が主役と思ってる自己中野郎」ってことになったんですが、ちょっと花の立場に感情移入しすぎて、いささか辛辣になりすぎたかもしれません。 (more…)

おおかみこども見た①

いまさらですが、先週テレビでやった「おおかみこどもの雨と雪」を見ました。
で、いろいろ言いたいことがあるんですが、「おおかみこども」スゲー感動した!とか、「おおかみこども」の良さが分かんないなんて人間じゃねーとか思われる方は、もしかしたら気分を悪くされるかもしれませんので、もし読まれるのでしたらご注意ください。

なんかもやもやするーと思った方は、もしかすると、ちょっとすっきりできるかもしれません。もちろん、保障の限りではありませんが。
あと、当然ながらネタバレしてますのでお気を付け下さい。てか、あらすじとかまとめてないので、映画を見てない方にはわかんないと思います。
(more…)