Tag: くまぶしの生活

47.ちり?

こんにちは。くまぶしです。今日は暑いので、ばてばてです。初めてクーラーをつけました。

ブログペットのもっちりが、最近、「ちりが」とか、「ちりは」とか、よく言います。くまぶしは、何のことかわからなかったのですが、どうやら、自分のことを「ちり」だと思っているらしいです。

かとおもったら、今日のひみつ日記では、「七月を読んだよ。ブログペットのもつんだよ。」と書いていました。「もつ」なのか?とも思いましたが、「もつんだよ」と活用しているからには、動詞なのでしょう。

結局、自分の名前は「ちり」で、「もっちり」というのは、「持つ」「ちり」ということだと思っているみたいだぶし。
jul. 5, 2008
永遠回帰のくまぶし2008目次

46.七月

おひさしぶりです。くまぶしです。
ブログペットのもっちりの日記を見ると、毎日毎日、「阿部さんのちょん髷を読んだ」と書いているので、ちょっとかわいそうになりました。しかし、もっちりに読ませるために書いているのか?

さぼっている間に、くまぶしがなにをしていたかというと、あいかわらずくまくましていただけなのですが、くわしくいうと、まず、昨日、さくらんぼをようやく全部食べました。それから、学校でのただ働き(学会の事務)と、ネットゲーム(ワンダーキング)をしてました。それから、You Tubeとかで、ジュブナイルなアニメを見ました。エウレカセブンというのと、図書館戦争というのです。どちらもちょっとお子様な話でした。それから、かっぱの髪の毛を切りました。そんなところです。

かっぱは最近、キウイを買っています。今は8万匹も持っています。キウイというのは、キウイフルーツに似ているニュージーランドの鳥です。ほんとうは、キウイに似ているフルーツだからキウイフルーツというのですが。かっぱは、高くなったら売ろうと思って、まだ持ってます。くま。

くまぶしは、似たようなものですが、羊を5万頭買いました。5万頭持ってると1日500円もらえるというのですが、羊の値段が値下がりしてるので損してます。

最近のかっぱは、キウイに夢中なので、あんまりくまぶしと遊びません。つまらんぶし。

それでは、今日はこれでやめますが、今月はちょっとがんばって更新しようと思います。夜露死苦魔。
jul. 2, 2008
永遠回帰のくまぶし2008目次

45.あべさんのちょんまげ

こんにちは。くまぶしです。今日はくだらないことを書きます。

くまぶしは、大河ドラマの篤姫を、毎週ビデオにとって見てるのですが、老中の阿部さんの役で、草刈正雄が出てました。こないだ過労死しちゃいましたけど。

Masao_20080620221431それで、くまぶしが主張したいことは、正雄はちょんまげが似合わないということです。江守徹とかは、まったく違和感がないのに、正雄はウルトラマンにしか見えませんでした。

たぶん、頭の幅が狭くて、上に長いからおかしいのだと思います。

彼は昔、真田太平記で幸村をやっていたのですが、ハーフなのでこゆい顔ではあるけど、その時はそんなに違和感がなかったと思います。真田の時は、月代を剃ってなかったと思うので、たぶん、月代を剃るとおかしなことになるんだと思います。くま。

ちょんまげ(月代を剃って髷を前に持ってくるやつ)というのは、へんちくりんな髪型ですが、へんちくりんな髪型をして自慢するのは、中華思想的には蛮族の証拠です。日本でも、平安時代まではだれでも冠とか烏帽子とかをかぶることとなっていたので、わりと中華的ですが、月代を剃ったりするのは完全に日本風ですね。ちょんまげは辮髪と同じくらいへんちくりんだと思います。

月代を剃るのは室町時代くらいからだといわれてますが、いつもカブトをかぶってると蒸れるから剃ったのだそうです。ほんとかどうか知りませんが。

本当のちょんまげは、昔の写真とか見ると、ただの禿頭に見えます。特に、農民のちょんまげは、前から見るとただのハゲです。農民が坊主頭にするのは、実用的だろうからいいのですが、髷を伽羅油で固めて前に持ってくるとか、毛先を広げる(お相撲さんですね)とかいうのは、スプレー缶でびんびんにする昔のヤンキー高校生みたいで、ちょっと恥ずかしいですね。くま。
jun. 20, 2008
永遠回帰のくまぶし2008目次

44.とりあい

080619_2259~001こんばんは。くまぶしです。
今日は、くまぶしのばあちゃんが、さくらんぼの箱詰めを送ってくれました。

おうちのくまたちと食べました。さくらんぼげきうまいです。

くまたちも、取り合いをしながらくま食いです。

くまぶしは、さくらんぼのジャムがだいすきです。おいしいさくらんぼでつくるのは、ちょっともったいないですが、おいしいさくらんぼでつくったジャムはすごいうまいぶしなので、どうしようかと思ってます。

かっぱは、ジャムにするのは反対してるぶし。くま。
jun. 19, 2008
永遠回帰のくまぶし2008目次

42.かっぱの毛のこと

今日はちょっとかっぱのことを書きます。前の記事のコメントで、かっぱについて憶測がなされていたので、ちょっと教えてあげようかということです。「現実」とかの話のつづきは、たぶん明日書きます。

かっぱは、おかっぱではありません。てゆうか、髪がくしゅくしゅなので、おかっぱにならないのです。

それから、てっぺんが薄いわけでもありません。くまぶしよりは薄いですが、それはくまぶしの毛が多すぎるからです。実際のところ、かっぱの髪は細くてやらかいので、くまぶしはちょっとうらやましいです。くまぶしは、けもけも獣(剛)なので、朝起きたときに、カウボーイビバップのスパイクか、攻殻機動隊の荒巻さん(SACバージョン。ただし髪ふさふさ)みたいな頭になります。

かっぱの髪はやらかくてくしゅくしゅなので、ちょっと長いほうが、毛長犬みたいでかわいいです。それで、わりと髪を切らないでほったらかしてるのですが、不思議なことに、ある日をさかいに、突然カリヤザキさんになってしまいます。つまり、ある一定の長さを越えると、くまぶしには、もうカリヤザキさんにしか見えなくなってしまうらしいのです。だから、そういうときは、くまぶしが髪を切ってやります。

ちなみに、かっぱは先週からカリヤザキさんになってます。切ってやりたいのですが、最近忙しいので、なかなか切れません。

それから、キュウリは、かっぱの好物というよりは、くまぶしの好物です。味噌つけて食います。かっぱも、別に嫌いじゃないみたいですが。

肌が緑色というのは、見方によったらそう見える時もあるかもしれません。でも、かえるみたいにぬるぬるしているわけではありません。おほ。

ロバ先生が、本質的にロバであるように、かっぱもやっぱり、本質的にかっぱなのだと思います。でも、本人はいるかと思っているので、本当のところはいるかっぱなのかもしれません。くま。

080615_1739~002けれど、いるかっぱのイルというのは、アラビア語の冠詞だという説もあります。それだとThe Kappaということで、結局ただのかっぱということになりますね。くま。

おまけ。夕方、草に水をやっていたら、かえるちゃんがいました。

水をかけたら背中をむけました。
jun. 15, 2008
永遠回帰のくまぶし2008目次

39.学校での仕事

こんにちは。くまぶしです。

きょうは、学校に行ってただばたらきをしてきました。
こんどくまぶしの学校で学会があるので、その準備です。
わりと大きな学会なので、準備もたいへんです。

大学院というところは、授業料を払っているのに、ただ働きをさせられるひどいところです。今日は朝の10時から夜の8時まで働きました。でも、くまぶしは文系なので、そういう働きはたまにだけです。理系の人はもっと大変なので、もんくはいわないどきます。

もっちりの書いた記事が、5つも拍手されてました。新記録です。なんか釈然としません。くま。
jun. 4, 2008
永遠回帰のくまぶし2008目次

38.ふとった男

20080601195544かっぱは最近、ふとったおとこの歌を、よく歌っています。

「ふとったおとこ。ふとったおとこ。ふとったおーとーこー。」

お相撲取りのことです。

くまぶしは、朝青竜がわりとすきです。ジンギスカンに似ててかっこいいです。

でも、この絵は朝青竜じゃありません。
jun. 1, 2008
永遠回帰のくまぶし2008目次

34.やまにのぼってきたぶし

20080526222617こないだお山にのぼってきました。

くまぶしの人間のお友達がやってきたので、案内してあげたのです。
お友達は、エロ保健婦とエジプト人と痴呆公務員の3人です。

くまぶしはふだん、ずっとおうちでくまくましてるので、筋肉がチーズフォンデュのようにとろけています。

でも、800メートルくらいの低いお山なので、ぜんぜんよゆうぶし!!とおもってたのですが、登山口の石段40段くらいのぼったところで、足がつりました。

人間のお友達は意地がわるいので、案内人であるくまぶしを置いて、どんどんのぼっていってしまいました。

くまぶしは泣きながらロープウェイでおいかけたのでした。

しぜんをあなどってはいけませんね。くま。
may 26, 2008
永遠回帰のくまぶし2008目次

33.いちご

080523_0527~02こんにちは。くまぶしです。

くまぶしの植えたいちごが、まっかっかになりました。

おほ。うまそうぶし。

残念ながら、一粒です。

もう二粒あるけど、まだ緑色で、小さいです。

今日のところは、かっぱにはやらないで、くまぶしが食います。

くまぶしは、いちごがすごい好きです。いちごはうまいぶしねー。

いま、冷蔵庫で冷やしてます。くま。
may 23, 2008
永遠回帰のくまぶし2008目次

32.ランボーみたぶし

こんばんはくまぶしです。

最近むし暑いので、アトピーがかゆかゆで、なにもできません。
かゆくてよく寝れないので、だらだらしてます。今日はかっぱとランボーを見ました。

ロバ先生じゃないですが、最初のランボーはやっぱりおもしろいですね。

20080523001721ランボーは、最初の方では、「俺にかまうな」とかいって、山の中で野生動物として暮らしたいみたいなことを言いますが、それは嘘です。どうしてかというと、州兵に砲撃されて、みんながランボーが死んだと思った後に、わざわざ武器を奪っておおあばれをしだすからです。野生動物として生きたいなら、死んだふりをして黙っていればいいわけです。てゆうか、最初から暴れなければいいわけです。

結局、保安官たちにかまってもらいたかったんだろうと思います。バガボンドで、佐々木小次郎と切りあったなんとかさんが、「俺たちは、抱きしめあう代わりに斬りあうんだな」とか言ってたきもちです。

ディープブルーのサメは、たぶん、本当に「俺にかまうな」と思っていたと思いますが、ランボーは、撃ち合いをするときとてもうれしそうです。ガソリンスタンドだって、合理的に考えれば、別に爆破する必要はなかったんだと思います。俺はここにいるぞということだと思います。で、ランボーが生きていたと知ったときの保安官の顔もまた嬉しそうです。たぶん、「俺に殺されるために生きていてくれたんだな」と思ったのでしょう。

要するに、「野獣死すべし」と同じで、撃ち合いにおいて、生き生きすることを体験してしまったから、撃ち合いをしない世界では生き生きできなくなってしまったわけです。「野獣死すべし」もおもしろいですが、ちょっと理知的すぎというか、優作がしゃべりすぎです。まあ、そこが面白いんですが。その点、ランボーはほとんどしゃべらないのでいいです。

松田優作がカメラマンだったのに対して、ランボーは実際に撃ち合いをしていた人だったから、その点では、優作は「野獣にあこがれた人」で、ランボーは「野獣」なのでしょう。もっとも、「野獣」とはいいますが、本当の野生動物ではありません。くまぶしは、クエポニ族の一種だと思います。日本でも、戦国時代の侍なんかには、わりあい沢山います。かっぱもニーチェもクエポニ族ですが、ランボーとかは、肉体派のクエポニ族ですね。

ともかく、グリーンベレーの上官がやってきて、「おびえていただけなんだよね、一緒に森へ帰ろう。」と言って、南の森へ戻って、次作以降は南の森で大暴れすることになるわけです。人材の有効利用だぶしね。一般に、近代社会はクエポニ族を嫌います。近代社会はモナド存在論で成り立っているからです。それで、武器というのは、暴力的クエポニ族のコミュニケーションツールなので、廃刀令とか出して禁止するわけです。国家が一つのモナドである以上、外部に対して力を発揮するのは構わないのですが、内部でクエポニをやられるのは迷惑なわけです。その点では、アメリカが銃社会というのは、近代国家的ではありません。アメリカはリベラリズムなので、たぶんそのせいでしょう。

もっとも、アメリカで銃を持とうという人たちの主張も、基本的にはモナド存在論で、クエポニ的ではありません。要するに、おれの家に入ってくる奴は撃つというのが建前です。個人としてのインディペンデントの象徴なわけです。クエポニ族というのは、わりと貴族だから、アメリカ的ではないのです。

しかしながら、実際のところは、そう簡単ではないみたいです。ただ、そういうクエポニは、自爆テロと似ていて、痛ましい感じがします。本当のクエポニ族は、もっとあっけらかんとしていると思います。
may 22, 2008
永遠回帰のくまぶし2008目次