さて、他の人たちがだんだん強くなってきた場合、グフじゃちょっときつくなったな~という場合が出てきます。
例えば、いままでふつうの3合流ならはじけてたのがはじけなくなったとか、ソロ凸されたときに、2~3回で武将が落ちるとかですね。
みなさん部隊を強化しているわけですから、後れを取ってはならないわけで、こちらも負けずに部隊を強化しないといけないわけです。

で、部隊を強化する方法は基本的に3つです。

①機体や武器性能のアップ

つまり、ランクアップしたり、スキルレベルを上げる方法です。
これは、グフのままチューンナップしていく方法ですから、強くはなりますが革新的に強くはなりません。
つまりグフカスタムですね。マイナーな機体なので、知らない人の方が多いでしょう。
goufcustom.hg1

わたしはギレンの野望で愛用してました。ゲーム設定かもしれませんね。
盾についている大きなガトリングガンが特徴です。たしかにザクマシンガンよりは強いでしょうが、しょせん実弾ですね。というわけで、堅陣lv10とかはこんな感じでしょう。

ところで、ixa世界では、チューンにかかる銅銭は、しょぼい機体でも高価な機体でも同じ額なので、堅陣lv10とかを作っても趣味カードとしか思われませんw

仕様変更で、堅陣が報告書に乗る機会もめっきり減りましたし。というわけで、この方法は、ある程度以上は、あまりお勧めではありません。グフのスキル強化はlv5くらいまでが現実的な感じがします。
ランクアップについても、☆2まではすんなりあげられますが、それ以上は、もっと他にあげるべき人がいるだろうという気になってしまって、なかなかできません。

もちろん、愛があるなら別ですが。

②いい武器を持つ

これは、ザクマシンガンをやめて、ビームライフルをもったグフになるということです。
つまり、いいスキルに付け替えるか、もう一枚手に入れて新たにいいスキルを付けていくかです。

ところで、ザクやグフが実弾を撃っているのは、どうやら機体の出力の問題であるらしいです。というのは、ガンダムのビームライフルは、ガンダムの機体のエネルギーを使っているような描写があるからです。

ということは、ただのザクやグフでは、ビーム兵器は装備できないわけで、ちょっとビームを装備できるように改造しないといけません。よくわかりませんが、出力をあげるとかかな?
というわけで、ベースはグフだけどホバー走行できるように改造した「ドム」ということにしときましょう。
ドムはビーム撃てませんが、それはおいといて。

で、目指すべき最強のドムは、「極み」をもったドム、つまり、ドワッジ改です。あるいは、ケンプファーくらいだといっても言い過ぎではないかもしれません。ドワッジ改はビームですが、ケンプファーは実弾です。微妙ですねw

b0024364_2125993

で、極みがついたら、円陣か槍衾を付けます。この二つはドムの標準装備です。
妥協する場合は、最初から槍衾・円陣になりますが、初期スキルがそのどちらかだと、守護まで落ちることになってちょっと悲しいですね。

もちろん、いい武器をもったら、それに見合うように機体性能も上げなければいけませんので、①の機体や武器性能のアップは同時にやらなければなりません。

③新しい機体を開発する

もっとも抜本的な部隊の作り変えは、次世代機を手に入れるということですね。
要するにゲルググです。ゲルググは最初からビーム装備ですから。
もちろん、ゲルググというのは、極のことですね。

Ms-14

Ms_gelgoog_a

下の方はゲルググイェーガーですね。たぶん。これもギレンの野望で知ったんですが、一番強いゲルググでした。

で、ゲルググにザクマシンガンをもたせるというのは、1期目とかならしょうがないですが、3期目にもなったら恥ずかしいのでやめましょう。もっとも、何も持ってないよりはましですが。

つまり、新しい機体を手に入れた場合は、上記①の機体性能・武器性能のアップ、②の良い武器の装備の両方を、またやらないといけないというわけですね。

というわけで、たとえば、①のグフカスタムにすごい銅銭をかけてしまった人は、のちにさすがにグフカスタムはやめようかと思ってゲルググを買った時に、もう一度グフカスタムにかけたのと同じ手間と銅銭を、ゲルググにかけなければいけないということですね。

ですから、グフからのレベルアップをする際には、どういう方法をとるのかを考えて方針をたてないと、思わぬ回り道をすることになりかねませんので気をつけましょう。
0-135.閑話休題
0-117.グフカスタム

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Optionally add an image (JPEG only)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.