こんにちは。さぼってました。で、何してたかというと、こないだ書くといってた「すばらしい新世界」の解釈を書いてたわけではありません。そちらはだれも待ってないでしょうから、ゆっくり書きます。

まず、先週の土曜日に、弟が甥っ子(4か月)を見せてくれるというので、見に行ってきた。ついでにウナギもごちそうになった。お土産にメロンもらった。メロン今日食べよう。

それから、週の前半には、尾崎翠という人の「第七官界彷徨」という本を読んだ。
それから、「すばらしい新世界」について書こうと思った関係で、昔読んだ社会システム論の本と、ニーチェとかをぱらぱら見たりしてました。

それから、週の後半は、ちょっと気になったので、ぜんぜん関係ないんだけど、ギリシャのこととか調べてて忙しかった。
経済とか国際政治とか、それほど興味があるわけではないですが、なんか一般の日本人が、わりかしドイツとかIMFの肩を持つような気分であるらしく、釈然としません。もともとIMFはあんまりすきではありませんので。

ともかく、まずは合戦結果2回分。もうあんまり覚えてない。

14戦目
キャプチャ
攻撃は、何回か合流にのせてもらいました。防御は加勢部隊だけかったかと思います。でもなんとか総合10万はクリア。

15戦目
kassenn2
前回よりもさらに不真面目です。攻撃は、ソロで勝てそうなところを1つ落としただけ。防御はやっぱり加勢部隊だけですが、運よく2回防御できました。でも10万にはとどかず。残念。

合戦については以上。

で、せっかく調べたので、ギリシャ関係で思ったことと、面白かった話ちょっと。

公務員とか年金とか、はてはギリシャ人が怠け者だとか、いろいろ文句を言われてる問題は、ないわけではないんでしょうが、根本的には、南北問題、ユーロの構造的問題、負債が自国通貨建てじゃないこと、あたりが問題なんだと思います。

それをなんだか、贅沢だからいかんのだとか、気合が足りんのだとか、ちょっと発想が江戸時代というか、高校の生活指導というか。
政治的駆け引きで言ってるというならわかりますけどね。

あと、わたしとしては、ドラクマに戻すのがいちばんシンプルでいいかなとは思いますが、せっかくドラクマに戻しても、ユーロ建てとかドル建ての対外債務が残ると困るので、ドラクマ建てに変更してくれたらいいんですが、変更しないよと言われても、下落したドラクマでユーロ建て債務が払えるわけはないので、現実的にはヘアカットしないとしょうがないんじゃないかと思います。
というわけで、ギリシャがドラクマになって困るのは債権者のほうですから、むしろ逆にドラクマ復活はないのかなとも思います。

ギリシャはトロイカに緊縮しろと言われて、2014にはがんばってPBを黒字にしたそうですが、
昨年のギリシャのプライマリーバランス、GDP比0.4%の黒字
PBが黒字でも負債の対GDP比率は増えました。
GDPが2008から見て25%も下がってるので、PBが黒字といったって、なんの意味もないですね。
要するに、トロイカの緊縮要求は失敗だったんだという話。

ギリシャ危機、金融メディアが語らない10のこと
↑これとか読んで、そうだよねと思ったんですが、あんまり一般的な意見じゃないんでしょうか。

ドイツ人が、「ギリシャ人は怠け者だから悪いんだ」とか言うのは、政治的に、そういうことにしておきたい意図があるというのはわかる話ですが、日本人がギリシャ人をたたくことにどんな意味があるのか、かなり謎です。
日本はIMFにたくさん出資してるから、債権者の気分になってるんでしょうか。とはいえ、IMFは利子とって融資してるんだから、還ってこないリスクは当然のまなきゃいけません。

あと、気になったのは、ギリシャの軍事費の話、特に兵器輸入費がむちゃくちゃ高かったという話でしょうか。もちろん、輸入元はアメリカとドイツとフランスです。あと、そういう話ですから、当然、それに伴って汚職とかもあったようです。
Greek debt, austerity and past military contracts

もっとも、さすがに危機以降、輸入高はそれなりに減ったようです。
Trends in International Arms Transfers, 2012
下の方で、ギリシャについて書いてます。
2003-2007に世界第四位の兵器輸入国だったギリシャは、2008-20012には世界第十五位だった。2003-2007から比べると、2008-2013の兵器輸入額は61%減った。
ということです。
んで、2012時点では、コスト削減のために、新しい主要兵器の注文をしてないとか、フランスからフリゲート艦6隻とか、ロシアから装甲車両400台とかをふくむ兵器輸入計画を延期したりキャンセルしたりしたんだと。

というわけで、さすがに今のところはそんなに兵器買ったりはしてないかのかなとも思いますが、よくわかりません。もっとも世界十五位でも十分やりすぎですけどね。
ドイツだかフランスだかが、融資の条件として兵器を買えと言ったとか言わないとか、そういうことを言う人もいますね。

それはともかく、トロイカは、緊縮財政の要求をするなら、まずは軍縮させろよと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Optionally add an image (JPEG only)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.