Category: 解釈

徳川攻撃&逃げ恥

徳川攻撃は、初日が休日だったので久しぶりにちょっと村を焼いてみました。
で、ソロでいけるところをいくつかやって、午後からはずっと出城で待機。加勢がたくさん来たので、わたしのお城は任せて他の人に加勢に行って、そのまま昼寝。起きてから見てみたら、わたしの出城は落ちてました。加勢先には攻撃なし。というわけで、そのまま放置。夜にまた見たら、朝村を焼いた人がわたしの陣をぜんぶ落としてました。というわけで、そのまま終戦まで。 (more…)

「残穢」を読んだ。

一昨日と昨日と、二日かかって小野不由美の「残穢」を読みました。
ホントかどうか知りませんが、帯とか解説とかみると、一般に、すごい怖いといわれているようなんですが、わたしはぜんぜん怖くなかった。どうも全般的に小野不由美の本に対しては、おかしいだろと突っ込んでしまうところが多くて、怖いと思えないことが多いです。おそらくわたしは、今の普通の日本人とは、感覚がちょっとずれてるってことなんでしょうね。ま、だいたい知ってますけど。

で、読んでる時からいろいろ言いたいことがあったので、大急ぎで読んじゃって、忘れないうちにと思って、一気に書いたら、すごいたくさんになっちゃった。ずれてる人の言うことだから、よくわからないとは思いますが。

後半は、穢れについてのわたしの考えなので、「残穢」には直接関係ない話です。 (more…)